NO後悔の葬儀チョイス~安らかな自分なりのお別れ~

葬儀

納骨堂の利用

葬儀

家族が亡くなった場合には、悲しいですが、その後故人となった人の葬儀式、その他関連する儀式が必要になります。故人となった方の納骨を行う場合、最近では納骨堂を利用するケースなども多くなっています。

Read More...

家族葬について

体面よりも心を重視する傾向が強くなってきています

葬儀

日本人は昔から自己主張が強すぎることを否定的に捉える人が多いです。そのため、何をする場合でも、他の人がやっていることと同じことをしておけば間違いがないとされる風潮があります。葬儀の場合も全く同じことが言え、あまり経済的な余裕がない場合や、ほとんど弔問客が見込まれないような場合でも、従来から一般的に行われてきた形式で葬儀を行う人が大半でした。そうしておかないと恥をかいてしまうと考える人が多かったためです。しかし、近年になって、体面よりも心の問題を重視する人が増えるようになり、少人数でこじんまりとした葬儀を行うケースが増えてきました。その代表格が、家族葬と呼ばれている葬儀形式です。

家族葬を行いたい場合には

家族や故人とごく親しかった人だけで葬儀を行いたいと希望している場合には、家族葬プランを取り扱っている葬儀業者に相談してみる必要があります。心のこもった葬儀にすることができるとして人気を集めている家族葬ですが、どの葬儀業者も家族葬プランを取り扱っているわけではありません。いくら亡くなった人自身が家族葬で見送られることを希望していたとしても、契約を結んだ葬儀業者がそのプランを取り扱っていなければ、どうすることもできません。葬儀は簡単に日延べすることができるような儀式ではありませんから、契約を解除して別の業者と契約を結び直すようなことは現実的に不可能です。ですので、家族葬を希望している場合には、そのプランが用意されていることを確認した上で契約を結ぶようにする必要があります。

家族だけの葬式

葬儀

大切な方が亡くなるとお葬式の準備をしなければなりません。日本では、親戚や友人知人などこれまで故人や家族と関わりのあった多くの方が参列するスタイルが一般的です。しかし、最近ではひっそりと見送る方法を望む方が増えています。

Read More...

最近の葬儀

葬儀

葬儀の意味は宗教によって異なりますが、亡くなられた方を偲びお別れをするというのが一般的な意味合いです。日本でのお葬式は、古くから近所の方が総出で手伝いをしたり、家族と付き合いのあった方が多数参列するのが一般的でした。

Read More...

Copyright ©2015 NO後悔の葬儀チョイス~安らかな自分なりのお別れ~ All Rights Reserved.

This template downloaded from: freetemplates.sarkis-design.com